だいたいどうでもいい内容

思考の整理のために書いてるので書き直しとか普通。あと中の人はイカレなので注意。

ITしくじり先生をやれということでしょうか

もう引退カウントダウンなので

ということでIT業界から撤収しようというところですがこういう記事拝見したのでやろうかと。

satoru-takeuchi.hatenablog.com

しくじり先生度なら自信があります。

今現在ですらしくじっているからな!

という僕が降臨しましたよっ。

窓辺ななみが引退するので推しがいなくなりITやめるんですよ。嘘ですけど……。

こっちも列挙にするか

こんなんでいいのかなぁとは思いますが、もはや列挙ならず。

「なにがわからん」と「どうやって」と「こうなった」を書くようにはしてみますが、技術系の方にはお楽しみいただけないかも。

途中から人文寄りになってしまうのです。

じゃあやってみます

  • 大学時代に(諸事情あって)目標を変更し文系ながらCプログラミングの学習をやる。望洋わからん、結城わからん、ダイテル本で一応書けるようにはなった。なんでそうなるのかがさっぱりわからん(脳内コピペ期)。

  • 仕事でJavaに触れる(業務系)。継承とかinterfaceの意味が分からん、あと例外処理も意味わからん。むしろ仕様書すらわからん(僕の社会人1社目は、火を噴いてる案件を積極的に取る高難度ブラック企業でした)。なにがわからんかすら言語化できないくらいわからんコピペ時代。

  • とりあえず何かわからんことだけは分かったので、あてずっぽうでHP-UXで鯖立てというかインフラ屋さん的な派遣ちゃんをやる。違うことが分かった気もするけどJavaわからん。むしろCが相変わらずわからん。

  • 案件終わったところで辞めて失業保険使って職業訓練を受けてマイコンを触る。「分からんことをひとことにすると何なんだ?」がわからんので関係のありそうなものを試すくらい。Cの源流たる「アセンブラ」なるものをやると分かるんだろうか? と。

  • アセンブラ堕ちした結果「CPUには間接参照という機能があるのか」でCがなんとなくわかる。Cのポインタでわからんのは「概念」ではなく、もっとメカニカルな機構のほうとであったというか、脳内にメモリマップが描けなかったせいだと。

  • 気が付くと継承とか例外の意味が分かる。不完全な関数ポインタ(つかVTableの応用例?)と、特定の条件に引っ掛かった時の環境(ローカルとかグローバル変数とか)の巻き戻し機構ですやん。なおJavaはもともと組込を意図した超絶最小仕様言語のため、例えばC#のような融通を効かせた言語設計ができません(ので継承とinterfaceとデザパタ頼み)、なんてのもわかりました。

  • 職業訓練終わったので某社に派遣ちゃんする。言語系わからん。とはいえ当時の僕は言語系テスターだったのでマトリックス書いてテスト自動化全件網羅アタック。8万件テストを5分くらい、今考えたら遅いな。

  • プロジェクト終わったので辞めて、「組み込みやってみてぇ、なんかこう動くものとか」と求職したら全落ち。

  • 後日「今どきのプログラム言語の作り方」を読んで手打ちして「どうやったら分岐を作れるのかと、記号表の扱い方がわからんかったんや」っつって……いや、僕は言語開発したいわけじゃないし。

  • 組込の仕事が見つからなすぎてイロイロ資金面でダメだったので手を広げたら業務系2社から採用が出る。1コは「宅建業向け、3Dで室内の家具配置シミュレーションをやるアプリとか開発してる会社」、もういっこは「放送業向けのパッケージソフトをカスタマイズする会社」。文系では3Dとか無理無理なんで後者を選ぶしかないですよね……1関数2000行とか5000行、if 12段のクソースのバグ取りとか機能追加の仕事に従事。あんまりにも気が狂いそうだったので心療内科初受診、後日退職。保守性を追求するなら「Code Complete」を読めってのは間違いないですし、「Code Complete」の真逆を地で行くコードの改修とか逝くのも体感しました。

ここからおかしくなるぞ

警告: ここから頭がおかしくなるので見るのはオススメしません。

もうITの技術論が無くなってしまいます。

もはや増田文学とかストロングゼロ文学の域です。

合間合間に別件もありますが、自身に思い入れ? か何かが強いものをピックアップすると以下の通りでした。

  • 仕事探しのために100社くらい面接受けて全部落ちる。その節はお世話になりました……。

  • 仕事がなかったので某印刷会社で情シスになる。「印刷の仕事をお客さんはくれなくなった、ソフト欲しいって、ソフトあげたらいつか印刷の仕事くれるからなんかよくわからんけどとりあえずそれっぽいの作って、出来たの見てから考えるから」ということで一人でひたすらWebアプリ同時並行開発しまくってたら何をどうすればいいのかわからなくなり無事死亡(心身ともに)。

  • しばらく倉庫でバイト君。出版取次の「大阪屋」は割と給与よかったですが……現在はいろいろ出版取次も大変なわけで、大阪屋のその後はお察しください。

  • なんかの記事で「ADHD度判定」みたいなのがあって、高得点をうっかり取ってしまったので「もしかして俺がキチガイだったせいなんじゃねえのか? 全部俺のせいじゃね?」と考え、ふたたび心療内科へ行ったりする。心療内科な先生の紹介でお世話になってる今の病院へGO、WAIS受けたら当たりだったので手帳持ちになる。

  • 「すべては自分が相手のご要望を掴めなかったせいだ」と自身を恥じ、言われなくても相手が欲しいものを察するスキルが必要だと考えてカウンセラー養成講座(3か月)を受ける。言われんでもわかる人ってなんかカウンセラーじゃね? と思ったんで。「相手が考えたくもないことを代わりに考えても無駄」とか「できることは相手が抱えている問題を聞き、1行に要約して返すのみである(要約が当たりなら向こうが自動で回復する)」と悟るというか、そのコースで実際やったというか…… orz

  • 再び倉庫でバイト君。母が病気してたり、定年後の父が飲んだくれてたり、姉がテンパってたり。

  • ITもういいわっつって生産管理職に就いたら不良率10%という面白い職場、僕のお仕事は生産管理システムの導入支援あるいはシステムの開発だったので、パナから来てるコンサルおっちゃんと共に他社様とネゴって導入支援やりつつ、単独で各部署ヒヤリングをキメまくり「経営陣は現場から信用されていませんのでどんなシステム入れても無駄です、まず経営陣が管理者教育を受けるべきです」とお伝えして退職(3か月)。後日、パナのコンサルおっちゃんがガッツリQCの心得を教育し、月の不良率がゼロとか狙っていけるマネシタ電工クオリティになったそう。

  • もうITと関係のないところに行きたい! というのでトライアル雇用使って家電販売員になる。ブラック過ぎて死にたくなったので「逃げる方法」を探し、法律じゃねえかと見当をつけて労働基準法を発見、法テラスで裏どりしてから「労働基準法第15条2項に基づき退職いたします」的簡易書留を送付。無事退職。

  • またまた倉庫でバイト君。いや、うちの近所って倉庫多いんです……。

  • 手帳持ちたることを利用して障害枠で某特定子会社に入社。別会社から特定子会社に事務作業移管の折、業務がパンクしかかっていたのでうっかり業務の自動化しまくってたら印刷会社でのアレな経験思い出してリアルで吐いちゃったので退職。とりあえず部長には「業務の自動化ができる人を何人か雇わないと、このペースだと詰みます」とだけお伝えしましたが……後日複数名のマを派遣ないし障害枠で雇ってくださったそうな。

  • 母他界、父飲んだくれ加速、父に毎日暴言食らって「死んで詫びるしかない」と考え自殺を試みて失敗する。姉はよくわからん。後日聞いて回ったら、うちの父がしていたことは父当人が母親にされていたことだそうでした。まあ死ねば仏とも言いますが、大阪最強クラスの精神科医爺様先生がいなかったら僕も他界です。このころに胃炎とか体のしびれが出ましたかね。

  • 父他界、3年くらいはたらくのこわい時期ががが orz 酒飲むか病院行ってるしか記憶ないです。おかげで預金がほぼ溶けました。

  • 運よく預金尽きるくらいで体の方が復帰、精神アレとしてもはたらく or Dieということから就労支援A型へGOしたら支援員にフルボッコされて辞める……いや、キャリア上ITしかないのかなぁというのでITに強いところ行ったらば、支援員の方がガチガチのSIerっつか仕様書駆動開発の人だったのです。僕は真逆のタイプというか即興ハックが得意なので「この軽蔑に値する考えなし野郎」的な感じでボコっていただきました。

  • 完全に預金が溶けたので家にあるものとかいろいろ売って凌ぐ。割となんとかなります。

  • 気力がビミョーな状態でも「はたらかなきゃだめだ」と再び障害枠を駆使するも落ちまくる。atGPはオススメ。あと発達障害スペシャルの「Kaien」という会社さんはありますが……面接してくださった社長様より「君は自分では強いと思っているかもしれないがガラス並みに弱い、自分の身を守る術が必要だ」とアドバイスを戴く。

  • 何となく登録していた某派遣会社様から大手企業での情シスの話が来る、「アッハイ」

  • 派遣切りは当然あり得るしされても文句は言えない、少なくとも自分のITキャリアは生き残れるようなものでもない、「持ってないと仕事ができない」資格を取って来るべき不況に備えるしかない ← イマココ

しくじりの原因は

自分が何をしたいのかよくわかってないせいじゃないのか? というくらいですかねぇ。

マジで今でもわからんのですが、そんな感じでも死なないだけマシっちゃマシか、という。

何がやりたいとかじゃなくてどうやったら今日を生き延びることができるのか? ばっかり考えていた気がします。ちょっと発想の転換がいるのかな……。

「わかる・わからない」問題

大体の場合「関係のありそうなこと」を掘ると、知りたかったことが出てくることはままあります。

少なくともヒントが湧いてくるかもしれません。

ただ、その「ヒント」そのものを掴むためには日々アレコレ調べておくことと……本当に運しだいなんですが「必要な時に思い出せるかどうか」が問われるかと。

なお「わかる」と「わからない」の間は比較的グレーなんですが、越えられない壁がある場合は多いです。

壁を超えると「なんだ俺は実に不勉強だったなwwwww ブザマすぎて受けるwwww もっと早く分かれよこのカス死ねや俺」という心境になることもありますし、やっと理解できたぞ! とうれしくなることもあろうかと。