だいたいどうでもいい内容

仮想通貨トレード日誌 + その他雑記。日記帳代わりなので書き直し普通よ。

仕様が無いからRadeonのファン注油もやっておくか……から始まるファン故障の刑

らでおん友の会必読?

必読かどうか知りませんけれども。

実は今メイン機についてるRadeon 5600XTは中古なんですよ。「中古の日」みたいなので割安だったとかでつい。

マイニング用途の可能性は昨今では低いのです。最近はイーサ君もASICで何とかなってしまうのでもう関係ない、ディープラーニングっつったらNVIDIAが主力、Cuda慣れしてる人が多いようなので。

というのでRadeon 5600XTが中古で転がってて、見た目イジられてないようなら、5600XT買ってみたけど物足りなかったので売って別のに買い替えたというパターンが多くなるんかな、と踏んで買ったものです。

低速回転とかでは特に問題ないんですが、高速回転時(ゲーム時)にはちょっとシャリっとした音がしたような気がしたのと……一遍ぱっつんと落ちたの嫌気したのとで、イロイロ修理してるからついでに注油してやんよ……というやつです。

GPUのファンのオイルが切れると

悪けりゃファンが焼き付き起こして回転が止まったり、放熱シクってる状態なんでGPUが熱を持ちます。意外とGPU自体は何とかなるんですが、BGA接続だとハンダクラック起こして動作がおかしくなるとか。

そうなると全バラシして、GPUと基盤のスキマに残渣ゼロの専用フラックス流してヒートガンで炙る刑になったりします。運が良ければ現世に帰ってきますがダメだったらGPU全損扱いでポイ。あと復活した場合でもファンは全交換。

まぁめんどくさいことにはなります。

恒例の解体タイム

まぁいうほど難しい話ではないんですが

f:id:aves_ramphastos_toco:20200831032229j:plain

ファンの隙間にネジあるので外します。

次に、ファンの上部と下部の間に隙間があるんで、プラスチック製のコジアケ(あるいは「ケースオープナー」という名前かもです)を差し込んで、ねじってやると大体外れると思います。ファンの羽根を引っ張ると十中八九折れるはずなので、コジアケ使った方がいいです。

f:id:aves_ramphastos_toco:20200831032254j:plain

外れたら軸にリチウムグリスなりモリブデングリスなりをつまようじとかでぬりぬりして戻します。どうせファンは消耗品ですので手持ちの奴でいいと思いますがシリコンはすぐ油が飛ぶので微妙。

モリブデンはなんか研磨剤として作用する場合があるとかなんとかで高速回転のブツには不向き説もありますがよーしりません。まぁ注油されるのが前提のパーツで耐油性のないパーツつかってるわきゃねえだろ多分というので、何も考えなくていいときのリチウムグリス。

f:id:aves_ramphastos_toco:20200831032424j:plain

簡単ですね。まぁ一応たまーにやっておくとゲーム中に突然死とか謎のシャリシャリ音とかはないかと思います。

昨今のGPUは高負荷でなければファン止める方向性なので、めったにしなくていいことだと思いますが。

その後

よく見たら左のファンが完全に死んでる案件。だから左だけグリスがまぁまぁ残ってたんだな! と気づきましたが。

……とりあえずファンを入れ替えて……調子が徐々におかしくなるならヒートガン炙りの刑。おいおいマジかよ……。

ちなみにGigabyteの「Radeon 5600XT Windforce 6G」(2ファン)のファンの型番は「PLD09210S12HH」です。

高いですがAmazonで買えますし、時間があるならAliExpressで買うと500円前後。Gigabyteはムダに凝っていてファンを左右逆回転という設計なので、左右を間違えないように。

うーん、カネが溜まったらやっぱりRenoirのAPU積んだマシンに換装したいわー。

オマケの接点復活剤

PCIeスロットはファミコンと同じような構成の接点を有します。ですんで、ファミコン同様に接点不良を生じることがままあります。レトロゲーにドハマリしてカートリッジ買ったものの動かない場合、接点復活剤で再起することがよくあります。

接点がダメになってる場合、息吹いてもだめです。ホコリじゃないので。

もちろん接点復活剤にもイロイロあると思うんですけど、安価に入手できるのは「今日の必ずトクする一言」で提唱されているHB鉛筆とか、呉のコンタクトスプレー。呉の製品で類似の接点復活剤もありますが、コンタクトスプレーの方がプラスチックへの影響は少ないそうです。

f:id:aves_ramphastos_toco:20200831032909j:plain

コンタクトスプレーを使う場合は綿棒とかに吹きつけてうすーく塗った後、何度か抜き差しして、最後にティッシュなりで基盤側を拭き上げる感じでOKです。

ちなみにHB鉛筆使おうが、コンタクトスプレー使おうが、1本数千円の接点復活剤使おうが、ぶっちゃけ大差ないです。個人的にはバイクでも使うコンタクトスプレーが多いですかね……。