だいたいどうでもいい内容

仮想通貨トレード日誌 + その他雑記。日記帳代わりなので書き直し普通よ。

維新の会はカジノと万博で夢見るのやめて衰退の現実を認めよう

とりあえず都構想成立は確定したものとして

大阪市立の施設の大半は払下げ or 消滅すると覚悟しておいた方がいいとか、大阪市が今後投資しようとする案件については全部オシャカと想定しておくのが無難なのかなと。

パっと思いつくショッパイ話でいいなら

程度の話は都構想が成立したら当たり前にありえると織り込むべきでしょう。

空いた土地は誰かに売っぱらって財政の足しにでもするんじゃないですかね。

あと大阪市が進めている公共事業はボリューム的にどんなもんか僕はよー知りませんので何とも言えませんが、それ相応の見直しは入るんでしょう。

大阪府ファースト、黒字転換したらトリクルダウンしてやってもいい」というのが ハシシタ 維新の会の言外の主張。コロナ禍のタイミングで緊縮に突入となると、やや厄介な話にはなりそうです。

去年の時点でもアレコレ見直して財政再建を進めている感じではありますが。

www.city.osaka.lg.jp

観光頼りきりの大阪府が観光おっちんでる現状で財政再建を加速させたらどうなるか、だいたいお察し。

個人的には維新の会とか万博・カジノって言い過ぎだと思う

頼みの綱の万博・カジノですが、大阪民国人から見ても無理じゃね? 感がすごいので、上記のような話を書いたりはしています。

夢洲にカジノ作っても行く奴ってキタの連中ばっかじゃねーのという。

維新の会が主張する「万博からカジノでウハウハ」計画というか「真☆大阪テクノポート構想(勝手に命名)」は多分ムリなんじゃねーかなーとは思います。

過去記事の再掲でアレ

万博およびカジノ建設予定地の夢洲(人工島)ですが、大阪府民ですらクソって言い切れる程度のロケーション

例えば関空からの夢洲へのアプローチは最悪。

東京の人に伝わるかどうか分かりませんが、あえて東京との対比としてだいたいのイメージを掴んでもらうなら

  • 成田空港を起点に「海の森公園」くらいまで行くがよい。ビッグサイト、その先へ(ナショジオかなんかか)。

  • 当然直通ルートはないので電車乗り換え何本かよろしこ(大阪の場合、コの字型に移動するので多分3回か4回乗り換えが発生します)。

って感じ。

行きたいですかね?

ひじょーにそもそも論ですが、大阪っつか「関空」~「夢洲」までの間に2大観光スポットがあります。

関空からのアプローチが容易(30分以内に到着)で、食ったり買ったり飲んだりヤったり(「ヤる」の意味が分からない人は忘れましょう)出来る一大テーマ都市「なんば」。そこで取り漏らした外人客を吸収する、大阪随一の商業エリア「梅田」。

インバウンドが復活したとして、外人様が戻ってきたとしても、たぶん、なんばか梅田が殆どの観光客を食ってしまうでしょう。

大阪二大観光スポットを無視して夢洲に行くとは大阪民国人からみてもあり得ないような。

外人から見たら、なんでわざわざ 1.5 時間くらい電車に揺られて乗り換えて、ショッパイ遠方のカジノ行かなあかんねんと。

マカオ行きませんかね。あっちは直通バスで30分要らんでしょ。

わざわざ日本に来る外人の皆様はバクチを打ちたいのではなく、日本の KADEN と IYAKUHIN と WASYOKU と HENTAI を楽しみたいのではないかなーとは。

イマイチな大阪のベンチャー事情

僕には理由がよく分からないんですが、大阪府ベンチャー育成とか微妙に不熱心なので……次世代産業の芽は大阪には無いものと理解しています。

IT絡みの話なら、いちおう「スマレジ」とかはないこともないんですけど、東京と比較するとなーんともならないねーアハハって感じ。

例えばITベンチャー育成のための施設「TEQS」とかはスゲー僻地に置いてるので来るなって意味だよなとしか受け取れないとか。

www.google.com

船場とか千里に一時期ITベンチャーの芽は出てたんですけど何もせず枯らして終わり、というのが(テクニカルな意味での)大阪府のITベンチャー事情だったりします。

少なくとも、大阪府は東京のビットバレー(笑)すら用意できなかった程度。

あるいは「学研都市」系の研究施設は置こうとしているというか、大阪府の外縁にいくつも似たようなモノをこしらえたりしてるんですが、どれもイマイチ浮いた話は聞いていません。

例えば「彩都」および「けいはんなクラスター」とか、ぶっちゃけ夜景がきれいな場所でしょ……。

www.kri.or.jp

なんていうんですかね、努力はしてるのかもしれませんよ。

「とっとの失せろ」とでも言いたげな僻地にハコモノづくりをやらかしているのでダメポ感がもの凄いだけで。

とりあえず「大阪発・世界に通用するベンチャー」みたいなのはそもそも期待できないとは思います。

移動するだけでもダルい場所に人集まって、勝手に発展して欲しいなあ! 大阪市内の快適な場所にはベンチャーのカスどもとか絶対に来ないでね!

というのが、大阪府ベンチャー育成方針だと見做されてもしゃーないんじゃないでしょうか。

少なくとも、僕が見た限り、大阪府の方針はそのようなものだという理解にしか到達できませんでした。

グランフロントとか結局ただのオフィス兼商業施設ちゃうんかい、ベンチャー育成用途とかちゃうやろみたいな。

ってーので、大阪に元気のある新興企業が爆誕というのはまーったく期待できないような気がします。

芽が生えてきたところは華麗にスルーして枯らし、生えて欲しい僻地に種撒いても雨が降らず物故、そういう印象が強いです。

いまのところの予想

まぁ前記事の通り僕は予想を外すことで有名だと自負していますのでアレですが……大阪府が都になったところで、単純に衰退が加速するだけなのかなぁって気はしています。

ずるずると「万博・カジノ」と言い続けて何も起きず経済的に地盤沈下、おまけに財政シメて中小ぶっとびのダブルコンボですかね。

たとえば

www.city.osaka.lg.jp

この手の支援が大阪府に一本化されるようなイメージになり、金額の量も減らされるのかにゃーみたいな。

それと同時に期待していた万博とかカジノは空振り、財政もっと締めなきゃの負のスパイラルがキマったところに、僻地への投資は新産業もリターンも生まず無事死亡。

そんなのが僕の大阪将来予想です。

いや、大阪にいいところが無いとはいいませんけど、いいところがあろうとも……明らかに大阪は最早ド田舎であり、衰退の道全開だぜっていう印象はあるので。